読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日記

検索エンジニアになりたい

論文読みました

検索エンジニアになりたいので論文も読んでみようと思って読んだ。
論文のまとめ方とか管理の仕方に悩んでいる。

感想:つべこべいわず英語の論文を読もう


今回読んだのはCiniiGoogle Scholarで「Web検索」「検索エンジン」などのキーワード検索をかけてでてきた日本語の論文30本くらい。中には論文じゃないものも少しある。

今回読んだ論文
1.Blog・Twitter に書かれた疑問を収集・提供するWeb サイトの構築https://www.jstage.jst.go.jp/article/jsik/23/1/23_23_1/_article/-char/ja/
情報知識学会 タイトルが思い出せないやつ テキスト分類

2.ウェブ検索者の情報要求観点の集約と俯瞰における
トピックモデルの有効性の評価https://kaigi.org/jsai/webprogram/2014/pdf/309.pdf
Yahoo! Search BOSS API 検索エンジン・サジェスト

3.長期間利用される検索キーワード検出手法の提案
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jsicr/30/2/30_2_57/_pdf
情報の長期度の指標 GoogleTrend YahooSearchAPI GoogleInsightsforSearch ロングセラー

4.閲覧Webページからの第1検索キーワード抽出に基づく検索支援
https://ipsj.ixsq.nii.ac.jp/ej/index.php?active_action=repository_view_main_item_detail&page_id=13&block_id=8&item_id=83173&item_no=1
第一検索キーワード

5.動向に関する問いを対象とした検索エンジンの提案
https://www.jstage.jst.go.jp/article/tjsai/30/1/30_30_138/_article/references/-char/ja/
検索対象ドメインに依存しない 読み返したい

6.Web検索時の行動情報を用いたクエリ修正タイプの予測
http://ci.nii.ac.jp/naid/110009579671
クエリ修正は5種類 検索時のユーザログ(マウスの動き、視線の動き、カーソルの移動速度、クエリなど)読み返したい

7.

8.

9.

10.

次読みたい論文
1. Computers and iPhones and Mobile Phones, oh my!
A logs-based comparison of search users on different devices.
2.[Agichtein 12] E. Agichtein, R. W. White, S. T. Dumais, P. N. Bennett, Search, Interrupted: Understanding and Predicting Search Task Continuation, SIGIR'12, pp. 315-324, 2012.
3.[Jones 13] Apple's Siri And Google Both Get C+ Grades From Gene Munster, Forbes.com, http://www.forbes.com/sites/chuckjones/2013/12/10/apples-siri-and-google-both-get-c-grades-from-gene-munster/, 2013. (2014.7.13現在)
4.[小久保 02] 小久保,小山,山田,北村,石田,検索隠し味を用いた専門検索エンジンの構築,情報処理学会論文誌,Vol.43,No.6,pp. 1804-1813,2002.
5. [桑折 13] 桑折,加藤,高間,検索エンジンを用いた情報検索におけるユーザ行動の分析,人工知能学会第4回インタラクティブ情報アクセスと可視化マイニング研究会,pp.9-14,2013.
6.[西藤 03] 西籐,喘息用語に特化した検索エンジンの構築と運用について―検索エンジンを用いたインターネットで求められている喘息に関する情報の調査,アレルギー,52(12),pp.1122-1131,2003.
7.[齋藤 04] 齋藤,三輪,Web情報検索におけるリフレクションの支援,人工知能学会論文誌, Vol. 19, No. 4, pp. 214-224, 2004.
8.[Spink 01] A. Spink, D. Wolfram, M. B. J. Jansen, T. Saracevic, Searching the Web: The Public and Their Queries, Journal of the American Society for Information Science and Technology, Vol. 52, Issue 3, pp. 226-234, 2001.
9.From "Dango" to "Japanese Cakes": Query Reformulation Models and Patterns
10.What are you looking for? An eye-tracking study of
information usage in Web search
11.Predicting Searcher Frustration
12.Beyond Dwell Time: Estimating Document Relevance from Cursor Movements and other Post-click Searcher Behavior
13.Predicting web search success with fine-grained interaction data
14.
15.
16.
17.
18.
19.
20.
21.
22.
23.
24.
25.

まだまだあるんだけどこれ効率悪いからやーめた(論文を紹介することが第一の目的ではないし)
自動管理にしよう